沿革

昭和24年
9月■ 埼玉県さいたま市(旧大宮市)に資本金50万円にて有限会社三衡社を設立。
  大型工業用特殊計量器の製作及び修理業務を始める。
昭和46年
11月
■ 資本金を520万円に増資し、株式会社日本製衡所と社名を変更。
■ 埼玉県児玉郡美里町阿那志470番地に本社工場を移転。
昭和50年2月■ 埼玉県児玉郡美里町小茂田560-1番地に本社工場を新設。
昭和51年2月■ 埼玉県さいたま市(旧大宮市)三橋1-125番地に大宮営業所を開設。
昭和52年5月■ 時代のニーズをとらえ、電子式計量機の設計製作を開始。
平成3年8月■ 本社工場の敷地を拡張し、第二工場を新設。
平成6年10月
10月
■ 業界初、タイヤ洗浄機能付きトラックスケール(WSP-1型)を開発(特許取得)
■ 資本金を1,000万円に増資。
平成7年5月
12月
■ 30kgから2000kg以下の非自動式はかり型式承認認可(M級)
■ 2000kg超の非自動式はかり型式承認認可(M級)
平成8年6月
11月
11月
12月
■ 2000kg超の非自動式はかり型式承認認可(O級)
■ 業界初、超薄型トラックスケール(LT-1型)を開発(特許取得)
■ 代表取締役に岩渕 孝男が就任
■ 計量システムの強化を図るため有限会社ニッコーソフトウェアを設立。
平成9年10月■ 業界初、低床式スケール(ND-4LⅢ型)を開発(特許取得)
平成12年12月■ 佐藤セイコウ株式会社の事業を承継する
平成15年3月
7月
8月
■ ISO9001(2000年度版)を取得。
■ 埼玉県さいたま市大宮区三橋3-248-1に大宮営業所を移転。
■ 建設業許可を取得。
平成17年9月■ 携行型廃棄物計量管理システム(ごみ奉行)を開発(特許取得)
平成18年5月
9月
■ 業界初、簡易型トラックスケール(NL-2V型)を開発。
■ ごみ奉行を活用した一般廃棄物抑制ビジネスプランが
  「さいたま市ニュービジネス大賞」優秀賞を受賞
平成20年11月
12月
■ 本社工場の敷地を拡張し、第3工場を新設。
■ 埼玉県指定の「彩の国工場」に認定。
平成22年4月■ ISO9001(2008年度版)に改訂。
平成29年10月■ 大阪府吹田市南高浜町8-21に関西営業所を開設。