マニフェストマネージャは、マニフェスト(産業廃棄物管理票)にかかわる業務をサポートするトータルパッケージソフトです。さまざまな角度からマニフェスト管理を行い、ユーザ様の負担軽減、情報解析に貢献いたします。

 

  • マニフェスト管理を手間なく行うことができます。
  • マニフェストを管理することにより、法令順守をサポートいたします。

下記機能のほかにもお客様のご要望により、カスタマイズも可能です。

入力画面がマニフェスト伝票そのままなので直感的にご使用になれます。

排出、収集運搬、処分業者やそれにともなう事業場、また、廃棄物の種類や処分方法などがマスタ登録できるため、コードによるすばやい入力が可能です。

1枚のマニフェストに対して複数の品目を登録することが可能です。

同じマニフェストを何度も作成する場合、パターンとして登録することにより、毎回同じ入力をせずに一発で入力することが可能です。

入力したすべてのデータは、CSV形式にて出力することが可能ですので、お客様にて自由に加工することが可能です。(※エクセルなどの表計算ソフトが必要となります。)

マニフェストとして登録する項目の中から必要に応じて、印字する項目を選択できます。また、マニフェストは単票でも連票でも印字可能です。

運搬実績台帳、処分実績台帳のほか、業者別廃棄物別集計表や処分事業場別廃棄物別集計表などさまざまな帳票を出力することができ、業務分析などを行うことができます。

登録したマニフェストデータを元に行政報告書を作成することが可能です。出力はエクセル出力いたしますので、出力後の編集も可能となります。

同様のマニフェストを何枚も作成したい場合、一度の入力で作成することが可能です。データとして登録するしないも選択可能で、登録する場合は連続した交付番号が自動的に採番されます。

行政および許可業者ごとに許可番号と許可期限を登録できますので、かかわるすべての組み合わせに対して許可番号を管理できます。

保有する処分施設の処理能力と稼動状況をあらかじめ登録することにより、現在の処理状況や残りの処分許容量を把握することができます。これにより、処理能力を超えた処分が行われていないかどうかを管理することが可能となります。

1次-2次の紐付け機能により、それに伴う報告書などに対応できます。紐付け画面は、「検索機能」と共通化してありますので、さまざまな角度からの検索が可能です。また、廃棄物の種類と処分方法ごとに減容率を設定することにより、2次マニフェストとの紐つけの目安とすることができます。